活動紹介

公募助成やAED訓練器等助成で当財団が助成を行っている団体の取り組みをご紹介します。

  • まちキャラパーク実行委員会
    10月1日 まちキャラパーク in KOBE2022

    兵庫県のマスコットキャラクターで復興のシンボル「はばタン」や、神戸で誕生したローカルヒーロー「未来特救ゴッドイーグル」と一緒に防災・減災を親子で学ぶイベントが開催されました。一見難しいと思われがちなテーマですが、「救命救急」の大切さや、いざという時の「共助」、事前に準備をしておきたい「防災グッズ」、知っていて欲しい「避難所開設」などを気軽に学べる場が用意され、参加された方々は家族で楽しみながら防災・減災に親しんでおられました。

    SNS
  • 認定NPO法人 オリーブの家
    ナラティブセラピー効果を学び被災者の語りを聴く

    9/3(土)に岡山市内、10(土)には津山市内にて、実際に災害被災地に行き、被災者に向けカウンセリングを行った講師によるセミナーが開催され、ボランティアのスキルアップにつながる事例紹介や、被災地でできる被災者同士の絆を深めるナラティブセラピーを学んでいただきました。ナラティブセラピーとは、『相手の発する言葉を否定せず、相槌をしながら話を聞く』セラピーで、参加した方からは、「被災支援だけではなく普段の生活の中でも大切にしていきたい。」等の声をいただきました。

    HP https://olivehouse1225.wordpress.com/
    SNS
  • 池田分かち合いの会・ひかり
    自死遺族の心の傘に

    大阪の北摂地域を拠点に、大切な人との別れを体験した方たちと自死に向き合う集いを定期的に開催されています。当事者同士で話すことによって得られる気づきや学びにより、苦悩をやわらげ、前向きに生きられるような心の居場所づくりとして定例会を実施しているほか、社会での自死に対する差別や偏見をなくすための啓蒙・啓発活動にも努められています。定例会は、豊中市では毎月第2土曜日、池田市では毎月第3土曜日に実施。
    詳細は、池田分かち合いの会・ひかりまで。

    HP https://ikeda-wakachiai.com
  • こどもスマイルミーティング
    7月9日 被災地親子チャリティーコンサート

    西日本豪雨の被災地にある広島市東区民文化センターにおいて、親子で参加できるチャリティーコンサートを開催。ゲストに鳥取県で保育士として活躍されているユニット「ロケットくれよん」を招き、歌ったり踊ったり、楽しい時間を過ごしていただくとともに、災害で辛い経験をした保育士スタッフが製作した防災紙芝居や被災地託児の経験のスライド上映を通じて、災害を風化させず防災意識を持ち続けてもらえるようにとの想いを込めた取組みが行われました。

  • チームおせっかい滋賀
    5月29日 親子寺子屋農園活動

    東日本大震災により滋賀県内に避難してこられた被災者家族の方々を主体として、「親子絆寺小屋教室」を定期的に開催しており、今回は親子の絆を深めることを目的に、貸農園を利用して避難者家族と地域住民がそれぞれ親子で参加する農園交流会が実施されました。当日は天候に恵まれ、農園から琵琶湖の対岸にある比良山系を眺めながら、サツマイモ苗60本と枝豆の種 約200粒の植え付けが丁寧に行われました。チームおせっかい滋賀では、このイベントの他にも、親子タケノコ堀りや、親子ドーナツ作り、親子納涼交流会等も開催しています。

  • 特定非営利活動法人こもれびの里
    9月30日 平成30年西日本豪雨災害で水害被害に耐えたビニールハウスの活用

    平成30年豪雨災害で浸水被害に耐えたビニールハウスを総社市に移設して、いちご狩りができるハウスとして再利用することで、被災地の子どもたちや地元の子ども、お年寄りが交流する場として活用するため、ビニールハウスの組み立て作業が行われました。ビニール張りにはコツがあり、台風などの強風に耐えられる張り方を農協の方に教えてもらいながら実施されました。年内中に防草シートを張り、棚を作ってイチゴの苗を育てる予定であり、この活動を通して被災した子どもたちの心のケアに努められています。

    HP https://komorevishop.thebase.in/
  • 特定非営利活動法人オリーブの家
    9月22日 被災者の心に寄り添うボランティアのための学び

    災害が起こった時、「どう助けたらいいのか」、「どう情報把握をすればいいのか」。そういった悩みをもったボランティアの方々に向けたオンラインセミナーが開催されました。被災者の心理を理解したうえで、心に寄り添ったボランティア活動を行うためのポイントを、具体事例を交えながら被災地支援を体験した心理カウンセラーよりお話しいただきました。何か人助けをしたい、これからボランティアをしたいと考えている方々の背中を押してくれるような、温かくも強い思いを感じる内容でした。

    HP https://olivehouse1225.wordpress.com/
    SNS
  • いじめから子供を守ろうネットワーク和歌山
    9月4日「大人が変われば子供たちも変わる」シンポジウム開催

    いじめから子どもを守るために様々な角度から現代の教育の問題点を紐解くシンポジウムが9月4日和歌山市内で開催され、近隣住民などおよそ60人が参加しました。臨床教育学が専門の麗澤大学大学院特任教授の高橋史郎氏により、「コロナ禍で問われる家族のあり方-親子は共に育つ-」と題した講演が行われました。コロナ禍の家族危機の現状や、子どもへの影響、新たな課題への向き合い方などをお話しされ、講演後はパネリストをお迎えして「子どもの心を守るために、私達にできること」をテーマにパネルディスカッションが行われました。

    HP http://mamoro.org/
  • 周産期グリーフケアはちどりプロジェクト
    6月15日 厚生労働省主催「出生前検査及び流産死産のグリーフケアに関する自治体説明会」

    流産や死産を経験した女性等への支援について、母子保健法における位置づけや活用可能な国の事業等が整理されたことを受けて、6月15日に厚生労働省による自治体説明会(全国の母子保健課の保健師・助産師等が参加)が開催されました。その中で、「周産期グリーフケアはちどりプロジェクト」が流産や死産を経験した女性等の悲しみの実態や自治体に期待される支援について発表されました。今後、全国規模での医療者向け周産期グリーフケアの啓発活動につながることが期待されます。参考URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19127.html

    HP https://hachidoriproject.amebaownd.com/
    SNS
  • 被災支援ボランティア団体「おたがいさまプロジェクト」
    4月17日 復興支援ツアー「神戸から真備へVol.27」

    西日本豪雨の被災地である倉敷市真備町への見守り訪問や子ども支援、取材活動が行われました。被災者一人ひとりへ悩みや困りごとを伺う傾聴訪問、簡単な体操等を行うサロン活動や、いつも参加されている女の子への中学校入学祝いのプレゼント贈呈など、心温まる活動が行われました。おたがいさまプロジェクトでは、感染症対策を十分行い、引き続き被災者の心に寄り添うとともに、SNS等で継続した情報発信を行い災害の風化防止に務められています。

    HP https://lampejapan.wixsite.com/otagaisama
    SNS

助成事業に戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

ページトップへ