#

2022年度 小・中学生「いのち」の作文コンクール

「いのち」をテーマにした作文を募集中!!

公益財団法人JR西日本あんしん社会財団は、2009年に設立して以降、「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいという思いのもと事業を展開してまいりました。
将来を担う子どもたちに 、作文を通じていのちの大切さを考えていただくことにより、「『いのち』を大切にする社会づくり」に少しでもつながればとの思いを込め、「小・中学生『いのち』の作文コンクール」を開催いたします。
連日「いのち」について考えさせられるニュースが伝えられています。また、その一方で普段の暮らしの中にも「いのち」に触れる様々な機会や出来事があると思います。ぜひ今年度で通算4回目となる本コンクールにご応募いただき、自らの想いや考えを作文にしてみてはいかがでしょうか。多数のご応募をお待ちしています。

リーフレットPDFはこちら

テーマ

あなたにとっての「いのち」

「いのち」の誕生の喜びや失った悲しみ、「生きる」ことの楽しさや辛さなど、
さまざまな観点からの作品を募集します。

【テーマ例】

○身近な体験を通して感じた「いのち」
・弟や妹が生まれた体験、自分や家族が病気になって入院した体験
・ペットを育てたり、草花を栽培した体験  など

○本やテレビ、インターネットなどを通して感じた「いのち」
・いのちを守るために懸命に働いている人の姿
・病気や大きな災害など困難と闘いながら頑張っている人の姿
・新型コロナウイルスにより「あたりまえ」の生活ができなかったことで感じた「いのち」
・世界の国々で戦争・紛争や貧困などに苦しんでいる人の姿 など

○さまざまな形の「いのち」
・海や山の景色、太陽や夜空の星など、自然の中で感じた「いのち」
・人工知能やロボットなど、最新の科学技術の中で感じた「いのち」 など

作文を書くにあたって、見たり聞いたり調べたりしたことだけでなく、それに対し自分がどのように考えたのかを書いてみましょう。さらに、実際に行動したことがあればぜひ書いてみましょう。とり上げる内容については、メインとなるテーマやエピソードを決め、それについてくわしく書いてみましょう。あなたの「いのち」への想いがより強く表現できます。

【参考】

昨年度の主な作品
2021年度「小・中学生『いのち』の作文コンクール」はこちら

テーマについて詳しくはこちら

主催

公益財団法人 JR西日本あんしん社会財団 (協力)西日本旅客鉄道株式会社

後援

滋賀県教育委員会、京都府教育委員会、京都市教育委員会、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、堺市教育委員会、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、奈良県教育委員会、和歌山県教育委員会、読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、産経新聞社、神戸新聞社、京都新聞、大阪日日新聞、京都大学人と社会の未来研究院、大阪大学社会ソリューションイニシアティブ、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

募集対象

近畿2府4県(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)に在住・在学の小・中学生

応募方法

■学校単位での応募を基本とします→学校単位での応募はこちら

■学校単位での応募がない場合は個人での応募も可能です→個人での応募はこちら

募集期間

2022年7月1日(金)~9月8日(木)当日消印有効

【学校単位での応募】

募集内容
自分自身の想いや考えを原稿用紙にまとめてください。
原稿用紙には、題名、学校名、学年、組、名前(ふりがな)を明記してください。

枚数(1枚400字詰め)
・小学1~4年生/1~2枚
・小学5~6年生/1~3枚
・中学生/2~4枚
  • ※学校にお送りした原稿用紙をコピーしていただくか、当財団ホームページからダウンロードした用紙を用いてください。学校専用の原稿用紙(1枚400字詰め)でも可です。
  • ※審査の都合上、1枚あたり400字詰め以外の原稿用紙は使用しないでください。
  • ※1人の作品の原稿用紙が複数枚となる場合は、可能な限りホッチキス止めせずに、重ねて2つ折りにして下さい。

原稿用紙のダウンロードはこちら

送付方法
学校単位で取りまとめ、作品および応募票、応募者一覧表(様式は問いません。名簿のコピーでも可)を学校にお送りした返信用封筒に入れて(株)JR西日本あいウィル 内2022年度「小・中学生『いのち』の作文コンクール」応募受付係まで送付してください。
応募作品が多数になり、返信用封筒が足りない場合は、ご連絡ください。

応募票のダウンロードはこちら

【個人での応募】

募集内容
自分自身の想いや考えを原稿用紙にまとめてください。
原稿用紙には、題名、学校名、学年、組、名前(ふりがな)を明記してください。

枚数(1枚400字詰め)
・小学1~4年生/1~2枚
・小学5~6年生/1~3枚
・中学生/2~4枚
  • ※当財団ホームページからダウンロードした用紙または市販の原稿用紙(1枚400字詰め)を用いてください。
  • ※審査の都合上、1枚あたり400字詰め以外の原稿用紙は使用しないでください。
  • ※1人の作品の原稿用紙が複数枚となる場合は、可能な限りホッチキス止めせずに、重ねて2つ折りにして下さい。

原稿用紙のダウンロードはこちら

送付方法
応募票に住所等の必要事項を記入の上、作品および応募票を (株)JR西日本あいウィル 内2022年度「小・中学生『いのち』の作文コンクール」応募受付係まで送付してください。
送料は各自のご負担でお願いします。

応募票のダウンロードはこちら

表彰

個人賞 
入賞者に表彰状および副賞(図書カード)を贈呈します。

  いのちの作文大賞
(5万円分)
優秀賞
(1万円分)
入選
(3千円分)
小学
1・2年生
1人 26人 70人
程度
100人
程度
小学
3・4年生
1人
小学
5・6年生
1人
中学生 1人
  • ※優秀賞受賞者の中から優れた作品や着想豊かな作品に「選考委員長賞」を若干名授与します。

参加賞

応募者全員に贈呈します。

作品集

入賞者および学校単位で応募した学校に贈呈します。

入賞者の発表

入賞された方への連絡は、学校単位での応募は学校宛、個人単位での応募は個人宛に、2022年12月上旬頃に行います。

表彰式

優秀賞以上の受賞者の方を対象に、2022年12月18日(日)午後、大阪市内で開催を予定しています。

最終選考委員

選考委員長
重松清氏(作家)
選考副委員長
菊池省三氏(教育実践研究家)
委員
坂下裕子氏(こども遺族の会「小さないのち」代表、当財団理事)
丸川征四郎氏(吹田徳洲会病院 顧問、近畿大学医学部客員教授、当財団理事)

注意事項

  • ・応募作品は返却しません。
  • ・他のコンクールや出版物への未発表作品に限ります。
  • ・著作権は主催者に帰属するものとします。
  • ・入賞者全員の学校・学年・名前および、いのちの作文大賞・優秀賞の方の作品本文については、作品集・ホームページ等に掲載・公表します。
  • ・応募作品に記載されている個人情報は、本コンクールの運営に必要な範囲内で利用します。

問い合わせ先・送付先

(株)JR西日本あいウィル 内
2022年度「小・中学生『いのち』の作文コンクール」応募受付係
〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江5丁目6番30号
TEL:06-6420-7661(平日10:00~17:00)

セミナー・イベントに戻る

JR西日本あんしん社会財団について

「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、
地域社会における安全構築に関わる活動に対する支援及び安全に関する啓発活動等を行っています。

ページトップへ